すぐれた脳を育てるには指あそび

生後すぐからの指の訓練は赤ちゃんの能力を高めることが分かってきています。

池江璃花子選手は生後6ヶ月で雲梯をしていた

17歳で個人種目9つ、リレー種目5つの計14種目の日本記録を保持している池江璃花子(いけえ りかこ)さんをご存知でしょうか。

璃花子さんのお母さんは幼児教室の講師をされているそうで、脳の発達に雲梯(うんてい)がよいと本で読んだことから、生まれてすぐから雲梯に取り組んだそうです。

璃花子さんは生後6ヶ月で母親の親指を握ってぶら下がり、1歳6ヶ月の時には鉄棒の逆上がりをこなしたということです。

赤ちゃんのときのお母さんの取り組みが天才を育てたのでしょう。

このことを知っていたら、うちの子どもだちも小学校の時に逆上がりで苦労せずにすんだのに、とちょっと後悔です。と、いうわけで赤ちゃんの指を鍛える方法を調べてみました。

赤ちゃんにさせる物をつかむ訓練

赤ちゃんをひざの上の寝かせるか、またはベッドの上に仰向けに寝かせてあげます。

お母さんの人差し指を握らせます。赤ちゃんは生まれつき備わっている反射神経でお母さんの指を握り返してきます。

赤ちゃんが指を握り返すたび、「上手ね。」「いい子ね。」「力が強いのね。」など、ポシティブな言葉で励ましてあげましょう。

この訓練は、赤ちゃんの脳内での手と目の動きの連動部分の成長を助けると言われています。

赤ちゃんにさせる物をつまむ訓練

赤ちゃんは生後4ヶ月前後で物をつまむことができるようになってくるようです。

 そこで、つまみ遊びをすることで意識的に指先を動かし、物をじっと見る力や集中力をつけていきます。

つまんだものをビンの中に入れる

おぼん、お皿などに小さいものを入れ、それを赤ちゃんにつまませます。そして、つまんだものを透明のビンの中に入れてもらいます。

この時、できるだけ爪の先で、つまむようにさせます。これは、指先をそらせて曲げないようにするためです。

赤ちゃんが指の腹でつまむようだったらつまむものをもう少し小さいものにします。

たまごボーロなどの小さなお菓子や、ボタン、ビーズ、小さく切った色紙など、いろんな大きさや、形のものをつまませてみます。

全部ビンの中に入ったらそのビンを振って音を出して聞かせます。

これを何度か繰り返して遊びます。

この遊びをする時には最初につまむものがいくつあるのか先にかずを数えてから行うようにします。

また、赤ちゃんが口の中に入れないように必ず、お母さんがそばにいて注意するようにします。

 

赤ちゃんの指で鍵盤遊び

お母さんが赤ちゃんの指を鍵盤に見立てて、赤ちゃんの手の甲の関節の上から歌を歌いながらピアノのように優しく弾きます。

同じように赤ちゃんの手のひらの関節と関節の間も弾いて刺激を与えます。

「おはなしゆびさん」で指あそび

「この指パパ〜 ふとっちょパパ〜 ♫」この童謡で一緒にゆび遊びをします。

1本ずつ指をうまく立てることができるように手伝ってあげます。

赤ちゃんがうまく正しく指を折れるようになるには時間がかかりますが、できるようになるまで何度も繰り返し遊んであげます。

ジャンケン遊び

うまくグー チョキ パーの形ができるように手伝ってあげます。



そのほかの指を使う動作

赤ちゃんと遊ぶときは意識して、

つつくはじくひっぱるはさむ紙をやぶらせる

などの動きを工夫して

取り入れるようにしましょう。

何度でも繰り返してあそびましょう

つまんだり、ひっぱったり、

指を使って何かをするためには、

遊ぶものを見て、

どうするか考えて、

行動にうつすというプロセスを

頭の中で組み立てています。

同じ動作を何度も繰り返すうちに、

脳領域の中や相互間に

シナプスができて

うまくできるようになります。

なるべく早い時期から

赤ちゃんの指に触れて、

刺激を与え、

握ったり、つまんだりできるようにすることで

能力の高い子どもに育ちます。

「さあ、つまんでごらん」と言っても、

いきなりできるはずはありません。

根気よく、赤ちゃんの様子をみながら、

小さなステップをできるまで

何度も繰り返しながら

成長を見守ってくださいね。

ポイントさえわかれば、

どんな方法でもよいのです。

放おっておいても

いつかはできるようになります。

だだちょっと、

赤ちゃんの成長の

お手伝いをしたいだけなんです。







スポンサーリンク





スポンサーリンク