「子供の日」「端午の節句」

なぜ5月5日の「子どもの日」を「端午の節句」と言って、鯉のぼりをたてたり、兜を飾ったりするのか調べてみました。

「子どもの日」は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として「端午の節句」の5月5日に国民の祝日の一つに制定されています。

旧暦では「午の月」は5月にあたります。「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、「端午」は5月の始めの午の日のことだったんですね。
後に、「午」は「五」に通じることから5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったらしいのです。

古代中国では、この日を薬採りの日とし、子供たちは昔から煎じ薬として使われていた菖蒲を摘んで野遊びをしていたようですよ。

季節の変わり目である5月は悪月(あくげつ)、物忌みの月とされ、その邪気を祓うために菖蒲を浸した酒を飲んだり、蓬(よもぎ)を軒につるして粽(ちまき)を食べたりもしました。

日本でも奈良時代から「端午の日」には、病気や災厄をさけるためのいろいろな行事がおこなわれるようになりました。

厄よけの菖蒲をかざり、皇族や臣下の人たちには蓬(よもぎ)などの薬草を配り、また病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、馬から弓を射る儀式もおこなわれたようです。

平安時代には「宮中の儀式」として行われていましたが、江戸時代になってからは、3月3日の女の子の節句と対応させて、菖蒲が尚武と同じ音であることから「端午の節句」は男の子の節句となりました。





兜を飾るのは「尚武」に因んでいるのでしょう。

「端午の節句」 に「鯉のぼり」を立てるようになったのは江戸時代の中頃からのようです。

下流からいろいろな魚が群れをなしてさかのぼってきますが、鯉だけが滝を登りきって竜になる、という中国の故事「鯉の滝登り」から鯉は立身出世のシンボルなのでした。

鯉が滝を勢いよく登る様をイメージして「鯉のぼり」としてを飾るようになったとされていますが、その家の男子誕生の喜びを世間に広く知らせるために戸外に立てるようになった、ということもあるようですよ。

たしかに鯉のぼりをたてているお家を見ると、男の子の誕生を知らせる狼煙(ノロシ)のようにも見えますね。

子どもの日の過ごし方

国民の休日にまでなっている「子どもの日」ですが、お子さんのいる家庭ではどのように過ごされてるんでしょうか。

・鯉のぼりをあげる

・五月人形を飾る

・柏餅を食べる

・菖蒲湯に入る(写真撮影必須です)

・子どもの好きなものでパーティをする

どんな形であれ、みんなでワイワイ笑顔で過ごせる一日になればいいですね。







スポンサーリンク





スポンサーリンク