赤ちゃんと飛行機旅行、子どもの飛行機一人旅

ゴールデンウィークや夏休みになると飛行機を利用してお子さんと旅行に行かれる方も多いと思います。

楽しいはずの旅行も、荷物はあるし、子どもはウロチョロするしで道中で疲れ果ててしまっては台無しですね。

ところで、航空会社には小さなお子さんが利用する時に、少しでも快適な旅行ができるようにといろいろなサービスがあるのをご存知でしょうか。
各航空会社によっては細かいサービスの内容は変わりますが、一般的なものをご紹介しますね。

3歳未満の子ども対象のサービス

ベビーカーの貸し出し

希望すると、搭乗口まで使える「ベビーカー」を貸してもらえます。到着後にも借りたい場合は、出発空港で申し込んでおきます。

事前改札サービス

搭乗口の係員に申し出ると、飛行機に搭乗するときに、優先的に機内へ案内してもらえます。

ミルク作りのお手伝い

お湯や100%果汁(アップルジュース)などの用意もあります。

おむつ替え専用テーブルとおむつ(一部ない機材もあり)

機内にはおむつ替え専用テーブルのついた化粧室があり、おむつの予備(M/Lサイズ)も用意してあります。(数に限りはあります。)

赤ちゃん専用毛布の貸し出し

お肌にやさしい赤ちゃん専用毛布の貸出があります。

機内エンターテインメント(JAL)

Wi-Fiビデオプログラム(無料)で子ども向け番組が見れます。
*機内Wi-Fiサービス対象便のみ

       絵本の貸出 

電話での事前予約が必要ですが次のようなサービスもあります。

・無料でチャイルドシートを貸し出し(JAL)
(3歳未満の子どもに座席を確保している場合)

・ベビーベッドの貸出(ANA)
(台数、設置場所、赤ちゃんの体重(10㎏まで)に制限があり)

・月齢に合わせた離乳食やアレルギー用の離乳食(国際線利用)




6歳以上の子ども対象のサービス

子どもが一人で飛行機を利用するときにうけることができるサービスです。

見送りの者は出発搭乗口まで子どもに付き添えますし、到着後はスタッフが出迎えの者が待つ到着ロビーまで付き添ってくれます。

JALキッズおでかけサポート

ANAジュニアパイロット

機内ではCAがお子さんが一人で搭乗していることを知っていますので、何かと気遣ってくれるようです。

やむなく一人で飛行機に乗せなくてはいけなくなっても国内便なら安心できそうですね。






スポンサーリンク





スポンサーリンク