4歳児は絵本の読み聞かせの黄金期です。





あらゆるジャンルの本が理解できるようになる4歳児は、

まさに読み聞かせの黄金期です。

4歳頃になると、

自分の気持ちだけでなく、

友達の気持ちや身近な大人の気持ちなど、

他人の感情を理解することができるようになります。

他人に対して思いやりの心が芽生え、

感情も豊かになり、

他人に共感することもできるようになったり、

少し複雑な気持ちも芽生えてくるようです。

絵本の中の主人公が何かをめざして冒険をするお話などは

子どもが大好きなストーリーです。

子どもは主人公に寄り添って、

絵本の世界に入り込み、

さまざまな感情を味わいながら楽しみます。

「なんで?」「どうして?」と、

わからないことを知ろうとする意欲が

旺盛になってくるのも歳くらいからです。

日常では見ることのできない、

「海の底にいる生物」や「宇宙の話」など

未知の世界に出会うことができる知識絵本なども、

子どもの世界をグンと広げてあげることができます。

見たことや聞いたことのないお話も、

言葉ではわからなくても、

絵からイメージを膨らませて理解しようとします。

絵本を選ぶのに困ったら、

昔ばなしをはじめ、

ロングセラーの絵本をどんどん読んであげましょう。


「4歳児におすすめ絵本」

「さくら」

静かで写実的な絵で、桜の一年を追った美しい絵本です。

さくら [ 長谷川摂子 ]

「まゆとおに」

少し長めのお話ですが、元気な女の子が主人公の楽しい絵本です。

まゆとおに [ 富安陽子 ]

「三びきのやぎのがらがらどん」

桃太郎のように語り継がれてきた北欧の民話です。

三びきのやぎのがらがらどん [ マーシャ・ブラウン ]

「さるとかに」

よく知られたお話ですが、絵の鮮明さと文章のよみやすさで人気がある一冊です。

【中古】 さるとかに 銀河社の創作絵本/神沢利子【文】,赤羽末吉【絵】 【中古】afb

「ねずみのすもう」

子どもに人気のストーリでアニメ絵本もあるようです。

ねずみのすもう [ 神沢利子 ]

「だごだご ころころ」

ユーモラスな鬼の絵です。

赤とんぼの赤の由来もあって、秋にピッタリの絵本です。

だごだごころころ [ 石黒□子 ]

「トラのじゅうたんになりたかったトラ」

少し長いお話ですが、愉快なインドの昔話しです。

トラのじゅうたんになりたかったトラ [ ジェラルド・ローズ ]

「サリーとライオン」

少し長めのお話ですが、

シンプルで味わいのある絵に起承転結のあるストーリーです。

サリーとライオン

「おちゃのじかんにきたとら」

礼儀正しいのだけど、家中の食べ物を食べ尽し、

水道水まで飲み干すトラのお話です。

おちゃのじかんにきたとら/ジュディス・カー/晴海耕平【1000円以上送料無料】

「かいじゅうたちのいるところ」

グロテスクな怪獣たちなのになぜか人気がある絵本です。

かいじゅうたちのいるところ [ モーリス・センダック ]

「せんたくかあちゃん」

元気な子どもに負けないパワーのある絵本です。

せんたくかあちゃん [ さとうわきこ ]

「すてきな三にんぐみ」

リズミカルな活劇調の文章に黒いシルエットの泥棒が大人気の絵本です。

すてきな三にんぐみ改訂版 [ トミー・ウンゲラー ]

「4歳児におすすめ知識絵本」

絵本で子どもの好奇心をそそり、知識の幅を広げることができます。

「みかんのひみつ」

身近な果物、みかんの写真絵本です。

みかんのひみつ [ 岩間史朗 ]

「おすしのさかな」

マグロを釣り上げることからお寿司になるまでの写真絵本です。

おすしのさかな [ 古島万理子 ]

「おちばのしたをのぞいてみたら…」

落ち葉が土壌生物に食べられ、

カビや細菌によって分解されて土になるまでの一部が描かれています。

おちばのしたをのぞいてみたら… [ 皆越ようせい ]

「ぼく、だんごむし」

まるでダンゴムシが自己紹介をするように生態を紹介していく絵本です。

ぼく、だんごむし [ 得田之久 ]

「しろいかみのサーカス」

すぐ紙の強さを試したくなる絵本です。

しろいかみのサーカス [ 谷内庸生 ]

「カブトムシがいきる森」

「ぐんま昆虫の森」で撮影された

生命力に満ちた力強いカブトムシの貴重な写真絵本です。

カブトムシがいきる森 [ 筒井学 ]








スポンサーリンク





スポンサーリンク