赤ちゃんの英語学習、イギリスのサイトより

多国籍のひとの多いイギリスでは親の英語がカタコトの家庭も多くあります。そのような家庭では子供に英語をどのようにして教えていくのでしょうか。

イギリスのBRITISH COUNCIL というサイトが紹介している英語学習方法を紹介したいと思います。



どうやって家庭で子供に英語を教えればよいのでしょうか。

親が我慢強くこどもを励まして、褒めてやることさえできれば必ずこどもに英語を習得させることができます。

こどもが語学を理解し、吸収するまでにはある一定期間が必要なので、その子が話し始めるまで我慢強く待っていることが大切です。

  家庭での学習を習慣化する

たまに長時間の学習をするより、短い時間でもたびたび学習するほうが効果が上がります。

最初は15分でよく、こどもの成長や集中力に応じて時間を伸ばしていきます。こどもが飽きないようにさまざまなレッスンを短い時間でするようにするのです。

なるべく同じ時間帯に同じプログラムを学習することでこどもは安心して取り組むことができます。

例えば、毎日学校から帰宅後には英語で一緒にゲームをします。そして寝る前に必ず英語で絵本を読んであげます。

子供が自分で英語を操れるようになれるまでには、英単語やフレーズを何度も繰り返し聞くことが不可欠なのです。

もし可能であれば、英語の本、ゲームやDVDなど英語に関するものをまとめて置けるような英語コーナーを部屋の中に作ってあげましょう。

  英語ゲームで学ばせる

こどもは楽しいことだとスムーズに学んでいきます。

特にフラッシュカードは英単語を覚えたり、復習するには大変効果的なゲームです。

無料でダウンロードできますのでご利用ください。
flashcard

カードを使った遊び方はこちらの動画で紹介されています。
Memory game

メモリーゲームの他にも次のようなゲームがあります。

・Kim’s game (キムス・ゲーム)
フラッシュカードをテーブルの上に置きます。
こどもに目を閉じるように言います。
カードを一枚かくします。
こどもに目を開けるように言い、隠したカードを当てさせます。
すこしずつ隠すカードの数を増やしていきます。

・Bingo (ビンゴ)

こどもに配ったフラッシュカードの内6枚をそれぞれ自分の前の並べさせます。
子どもに配ったものと同じ絵柄のフラッシュカード一式を帽子の中に入れておきます。
`ビンゴマスター`が帽子の中のカードを一枚づつ取り出して読み上げます。
子どもたちは自分の前に並べたカードと同じであればそれをひっくり返していきます。
一番最初に全部のカードをひっくり返したものが「ビンゴ!」と言い、その人が勝者となります。

 

 

 

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク